車査定の際に上手く交渉して高額査定を狙う

車査定の際の交渉術を身に着けて愛車を高く売るには

 

車査定で高額査定を引き出すためには、交渉術というのが絶対に必要なことになります。相手も商売ですから安く買うことができるところを高値を提示してくれるということはないので、なんとか掛け合って査定額アップを引き出さなければなりません。
しかし、車の売買の経験に乏しい一般人が知識も持たずに交渉をしようとすると、良いように安く買い取られてしまいますから、正しい知識を身に着けてから交渉に挑む必要があります。

 

●交渉の前に最低限の準備を

交渉術を勉強する前に、最低限しておきたい準備がこれから売ろうとしている車の最低限の価値を知っておくことになります。
中古車というのは車によって状態が変わってきますから、正確な価値をつかむことは難しいもののおおよその金額だけはわかりますから、大体でいいので相場を知っておくようにしましょう。
今の時代はインターネットで中古車の買取相場を簡単に知ることができるので、軽く目を通しておくだけでもあまりに安い金額を提示された時におかしいと思うことができるので、役に立ちます。

 

●希望額を言わないことが大事

車査定の交渉において非常に重要なことが、希望額は伝えないというものがあります。
どこの買取業者に査定を依頼しても、必ずと言っていいほど希望額を訪ねてきますがこれには絶対に答えてはなりません。
いくら事前に相場をチェックしていたとしても、自分が売りに出そうとしている車がどれだけの価値があるかはわからないわけですから、下手に希望額を伝えるのではなく相手から査定額を提示されるのを待つ必要があります。
希望額を言ってしまうデメリットとしては高すぎるとそのような金額は出せないと言われてしまいますし、相場観のなさを見抜かれてしまいます。
最初にあまりに相場から離れた金額を提示してしまうと後々それが引け目となってしまって、交渉をしづらくなってしまいます。
逆に安い金額を告げてしまうとその金額ですぐに買い取られてしまうことになりますし、希望額を低めに提示したあとに、それ以上の金額のアップを要求するというのはしづらいものとなってしまいます。
運よく相手の出せる上限価格を希望額とすることができたとしても、結局相手はすんなりとその金額を受け入れてくれる可能性は少ないので、良い金額を告げたにも関わらず欲張りすぎたかなという気持ちになってしまい、やはりその後の交渉に支障をきたすことになってしまいます。
そのため、知識のない人が希望額を言ってしまうというのは高くても安くても、適正な金額であっても結局は不利になってしまうのです。

 

●即決は絶対にしない

車査定の際の重要なもうひとつの交渉術が、即決をしないというものがあります。
査定を受けていれば希望額を尋ねられるのと同じように必ずあると言ってもいいやりとりとして、高く買うので今すぐ売って下さいというものがありますが、これに乗ってしまうとほぼ間違いなく車を安く売ってしまうことになります。
買取業者はとにかく安く車を買いたいわけですから、いきなり予算の限りを尽くして買ってくれるということはありません。
即決を申し出る金額というのは客側にメリットがあるのではなく、業者側にメリットがある金額となっているので即決に乗ってしまうとただ安く売ってしまうだけとなるのです。業者側からして一番嫌なことは時間を掛けて査定額を吟味されるということで、大概の場合がじっくり考えられるとその金額は高くもなんともないということがバレてしまうので、早めに蹴りをつけたいと考えています。
実際に交渉をしていると相手の迫真の演技に本当に今すぐ売らないと損をしてしまうかもしれないという気持ちになってしまいがちですが、即決はせずに必ず考える時間をとることがポイントになります。

 

●交渉の終盤は査定額を告げても即決をしても良い

基本的には希望額を告げたり、即決をするというのは損をしてしまうことになるので禁物です。
しかし、交渉がすでに終盤となってきて最後のひと押しがあるかどうかとなってくると話は別になります。
ここまで来ると大きな伸びしろがないということがわかってきますから、希望額を告げるにしても大きくハズレた金額とはなりません。
十分に損のない段階に達していれば多少安い金額を言ってしまっても、上限価格で売りそびれてしまうぐらいですから痛手は少ないものです。
それよりも、この金額を出してくれれば売却をするという姿勢を見せれば売ってくれるのを条件に自分が提示した金額で買い取ってくれるということがありますから、最後の最後で希望額と即決というのは駆け引きの材料として役に立ちます。
序盤であれば業者側に有利なことも、終盤になると売り手側にも使えるカードとなるので話が煮詰まってきたときには、あえて今まで避けてきたことを逆手に取って上手に交渉をしてみると良いでしょう。

 

●一括査定を利用すれば交渉が楽になる

車査定で高額査定を引き出すための交渉術というのは、余計なことは口にしないということが原則となります。
余程交渉事が上手い人でもなければ、やはり場馴れしている相手が一枚上手ですから話術で高額査定を引き出すというのは難しいものです。
そのため、何もせずに自然と相手から査定額を上げてくれるのを待つのが一番ですが、一社からの査定ではそれもままなりません。
査定を受けている場所が一社しかないと相手が知ってしまえば、無理に査定額を上げる必要もありませんから何かに理由をつけて査定額のアップをしてこなくなってしまいます。しかし、一括査定を利用して複数社から査定を受ければ他社もいる以上安値を提示することができなくなるので、査定額は自然と上がりやすくなります。
交渉の材料としても他社の存在は役に立ち、はったりでも他社はいい値段を提示してくれたといえば相手側も買取をしたければ査定額をアップすることになります。
一括査定を利用することによって業者対客の構図から、業者対業者の構図にすることができるため他社と競わせることで交渉がしやすくなるのです。
プロ対素人だと交渉術を知っていてもなかなか査定額はアップしにくいものですが、プロ対プロで競い合わせれば巧みな話術がなくても素人でも有利に交渉を進めることができます。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ